野菜の保存方法

業者のホームページに記載されている

宅配野菜は、基本的に週に1回、定期的に野菜が配達されてくるので、野菜の保存方法を考えなければいけません。保存方法を間違えると、せっかくの新鮮でおいしい野菜も宝の持ち腐れになりかねません。
しかし、宅配野菜を申し込む場合、事前に保存方法をマスターしておく必要はありません。なぜなら、宅配業者によって情報量には違いがありますが、宅配野菜のホームページには、野菜の産地や生産者の情報だけでなく、保存方法も記載されているからです。他にも、おススメのレシピなども紹介されているので、宅配野菜の業者のホームページは、一見する価値があります。
また、らでぃっしゅぼーやで宅配野菜を申し込んでいると、「おはなしSalad」という情報誌が月に1回届きます。そこにも旬の食材を使ったレシピが載っています。
このように、宅配野菜を利用する場合は、野菜に関して宅配業者が提供してくれる情報が色々とあるので、あまり野菜についての知識がない人でも安心して利用できます。

 

そうはいっても、基本的な野菜の保存方法は知っておいて損はありませんので、多少ご紹介しておきます。
まず、泥つきの野菜や葉物野菜など、冷蔵庫に保存する前に、洗わないほうがいい野菜がありますので、注意しましょう。また、ナスやトマトのような野菜は低温に弱いので、冷やしすぎるとむしろ鮮度を落とします。むしろ、冷蔵庫に入れないほうがいい野菜もあることを知っておきましょう。ネギなどの上に向かって育つ野菜は立てて保存するのが基本です。キャベツは、保存の際に一工夫が必要な野菜です。芯の部分をくり抜いてキッチンペーパーを詰めて、冷蔵庫で保存すると長持ちします。
野菜を長期間保存する場合は、冷凍保存もできますが、そのままでは冷凍に向かない野菜もあるので、注意が必要です。例えば、たまねぎやじゃがいもは保存性の高い野菜ですが、丸のまま冷凍することはできません。たまねぎはスライスしてから、じゃがいもはゆでてマッシュポテトの状態にしてからであれば、冷凍保存が可能です。

 

>>口座振替可能の宅配野菜はこちら<< 宅配野菜ランキング