大地を守る会

野菜宅配のパイオニア的な存在

大地を守る会は、「農薬の危険性を100万回叫ぶよりも、1本の無農薬の大根を作り、運び、食べることから始めよう」という言葉を合言葉に、1975年8月に設立されたNGO「大地を守る市民の会(1876年3月に大地を守る会に名称変更)」からスタートしています。大地を守る会は、1985年に日本初の有機野菜宅配サービスを開始した野菜宅配のパイオニア的な存在です。

 

■おいしい、安心、便利
大地を守る会の大地宅配は、おいしくて安心な食材を便利に届けてくれるサービスです。
1 おいしい
大地を守る会が取り扱っている野菜は、それぞれのこだわりをもった野菜づくりの達人たちが、有機質肥料で育てた味が濃くて健康的な野菜です。契約農家から直接仕入れた野菜を新鮮なまま宅配するので、鮮度も違います。
2 安心
野菜は、農薬の使用は必要最小限にし、除草剤は原則使っていません。他の食材でも、化学調味料、食品添加物は基本的に使われていません。また、放射能対策についても、業界でもトップクラスの自主基準・測定体制・測定検体数で取り組んでいます。
3 便利
好きなときに好きなだけ注文でき、配送の曜日や時間帯の指定が可能なので、便利です。最短で翌々日には配送されるので、急な買い物のときにも利用できます。

 

■あんしんの約束
大地を守る会では、商品の安全性に非常にこだわっていて、独自の厳しい基準を作っています。それらは、野菜や肉・卵、魚、加工食品といった区分ごとに、あんしんの約束として、公開されています。例えば、野菜の場合、有機質肥料を使った土壌作りをする、土壌消毒剤・除草剤は使わない、農薬には頼らないといったものです。大地を守る会では、さらに詳細な生産基準・取り扱い基準も公開していて、これらはホームページでいつでも確認できます。

 

>>口座振替可能の宅配野菜はこちら<< 宅配野菜ランキング