利用の時にかかる料金

レンタル料や維持費用など様々

ウォーターサーバーを利用する時にはさまざまな費用が掛かります。まずはウォーターサーバー本体のレンタル料が毎月かかります。本体は買い取り方式というよりはレンタルする方式が一般的ですので、月額でレンタル料金がかかります。

 

本体には機器の安全性や衛生面から定期的にメンテナンスを実施する必要性がありますので、その時には所定の費用が掛かります。メンテナンス時期や費用は業者によって異なってきます。レンタル料やボトル代にメンテナンス費用を上乗せすることによって無料にしている業者もあります。

 

当然ながら水に関しても料金がかかります。ボトルごとの単位によって価格が決まっています。RO水やリターナブルボトルは安い傾向にあります。前者の場合は天然水に比べてコストをかけずに生産することができることで、後者の場合はボトルの再利用が可能であることからコストが削減することができることで、価格が安くなっています。これらに比べると天然水は若干高くなっています。

 

ボトルは専門の業者が配送してくれるので自分で購入する必要はありません。配送料がかかるところもある一方で配送料が無料というところもあります。配送料がかかるところはボトル代と配送料が別々に明記しているので、価格が分かりやすいです。配送料が無料のところはその分ボトル代に上乗せされていることが多いです。

 

ウォーターサーバー業者の中には契約期間に縛りがあるところがあります。契約期間の多くは6か月から2年までに定められています。このように定められた期間内に解約する場合は違約金として5,000円から10,000円前後の違約金が必要になります。その他には故障または一定期間内のサーバー本体の交換に伴う費用などが掛かることがあります。

 

>>口座振替可能のウォーターサーバーはこちら<< ウォーターサーバーランキング

関連ページ

ウォーターサーバーのメリット
ウォーターサーバーのデメリット
ウォーターサーバーの電気代
ウォーターサーバーのレンタルと買取
ウォーターサーバーのメンテナンス
ウォーターサーバーの放射能対策
ウォーターサーバーの家庭での使用
ウォーターサーバーの会社・オフィスでの使用
ウォーターサーバーは赤ちゃんは飲める?
口座振替での申し込みの流れ
故障したらどうする
お届けや配送について
ウォーターサーバーの選び方のポイント
解約のベストタイミングは?
色々な利用方法について
健康的な水の飲み方
水のボトルについて
小さい子供がいても安全に使える?
ウォーターサーバーの熱湯に注意!
お茶・紅茶とウォーターサーバーの相性
コーヒーと相性の良いウォーターサーバー
ウォーターサーバーお手入れ
ウォーターサーバーとペット
ウォーターサーバーの水とミネラルウォーターは違う?
ウォーターサーバーと日本郵便
水道水とウォーターサーバーの水の違い
コストパフォーマンスはどう?
水に賞味期限はある?
ウォーターサーバーが人気の理由とは?
デザインもいろいろある?
停電したときには使用可能?
日本人が飲みやすい水の種類
ウォーターサーバーとエコ
ウォーターサーバーを使う人の感想
ウォーターサーバーの設置は無料!
コスモウォーターで無料体験
料理にも使える!
一人暮らしにもオススメ