ウォーターサーバーの熱湯に注意!

ウォーターサーバーの熱湯に注意して安全に利用しましょう

家庭にあれば便利なものの中に、ウォーターサーバーがあります。
ウォーターサーバーがあれば、いつでも冷たい水や熱いお湯を使うことができます。
一家に一台とまではいきませんが、あったら便利な物の中に入っているのではないでしょうか。
今後も利用する人が増えてくることが予想されます。

 

■熱湯に注意してください

 

ウォーターサーバーはあればとても便利なものですが、事故も多いので注意する必要があります。
ウォーターサーバーの事故で多くなっているのが、3歳までの乳幼児についての事故です。
乳幼児は興味半分でウォーターサーバーを触ることもよくあります。
例えばウォーターサーバーのレバーを握って熱湯が出てしまったり、興味を持って触っている時にお湯がかかったりすることもあります。
この場合お湯の温度が高ければ、火傷などの事故を起こすことにもなりかねません。
そのため取り扱いには十分注意する必要があります。
ウォーターサーバーの取り扱い方を今一度確認してください。

 

■普段から注意してください

 

ウォーターサーバーには様々な機能があります。
その中にはチャイルドロックの機能が付いたものありますので、チャイルドロックをしっかりとして、子どもが近づけないようにするなどの配慮が必要になります。
またウォーターサーバーからの、熱湯の出し方もよく理解しておく必要があります。
ウォーターサーバーの熱湯の出し方について、簡単に思っていると思わぬ事故に繋がることがあります。
子どもに対しての配慮はもちろんのこと、大人も十分注意してください。
正しい取り扱い方法をきちんと理解しておくことが大切です。
そうすることで、熱湯による事故も防止することができます。

関連ページ

ウォーターサーバーのメリット
ウォーターサーバーのデメリット
ウォーターサーバーの電気代
ウォーターサーバーのレンタルと買取
ウォーターサーバーのメンテナンス
ウォーターサーバーの放射能対策
ウォーターサーバーの家庭での使用
ウォーターサーバーの会社・オフィスでの使用
ウォーターサーバーは赤ちゃんは飲める?
口座振替での申し込みの流れ
故障したらどうする
お届けや配送について
ウォーターサーバーの選び方のポイント
解約のベストタイミングは?
利用の時にかかる料金
色々な利用方法について
健康的な水の飲み方
水のボトルについて
小さい子供がいても安全に使える?
お茶・紅茶とウォーターサーバーの相性
コーヒーと相性の良いウォーターサーバー
ウォーターサーバーお手入れ
ウォーターサーバーとペット
ウォーターサーバーの水とミネラルウォーターは違う?
ウォーターサーバーと日本郵便
水道水とウォーターサーバーの水の違い
コストパフォーマンスはどう?
水に賞味期限はある?
ウォーターサーバーが人気の理由とは?
デザインもいろいろある?
停電したときには使用可能?
日本人が飲みやすい水の種類
ウォーターサーバーとエコ
ウォーターサーバーを使う人の感想
ウォーターサーバーの設置は無料!
コスモウォーターで無料体験
料理にも使える!
一人暮らしにもオススメ